CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
今読んでる本
kei-teeさんの読書メーター  
ehondana
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ (JUGEMレビュー »)
モーリス・センダック,じんぐう てるお,神宮 輝夫,Maurice Sendak
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - | 2010/04/24/ Saturday | - | - | ▲ Page Top ▲ ]
『みてまわる日々』
大好きなスタイリストの一人、堀井和子さんの新刊を
ようやく読みました。2007年に堀井さんが日本と
フランスでみた美術館等の展示の感想を綴ったもの。
エッセイの類はあまり好きでないのですが、堀井さんは
別です。

モレスキンに鉛筆で描かれたラフスケッチとメモが
かっこいいし、堀井さんによるスナップも空気感がいい。
でも、何より好きなのは文章です。こんな風にきっぱりと
物事を端正な日本語で表せたらと思うばかり・・・。
堀井さんが「いいなあ」「どきっとする」と感想をもらす
たびに、私も一緒に同じように感じている気分になります。
文章とスケッチを目にしてから実際の写真を見て
何度も「おお」と思い、さまざまな意味で堪能しました。

続きを読む >>
[ 随筆 | 2009/03/16/00:17 Monday | comments(0) | - | ▲ Page Top ▲ ]
『まいにち、まいにち、』
新刊が出ると必ず手とってしまう、大人気スタイリストの
ブログを書籍化したものです。
人物の写真が全くなくて、松本での新生活を楽しむ
プライベートなつぶやきが中心。誰か自分の友達の
日記を読んでいる感覚でした。
余白も多くて厚さの割にあっという間に読めてしまいます。
こうしたある意味「生活を売る」仕事の人の大変さでも
あるのでしょうが、内容の充実さを求めると違うかも。
確かにところどころ素敵だし、考え方に共感できる箇所も
あったけれど、ブログのままでよい気がしました。
[ 随筆 | 2009/01/21/10:36 Wednesday | comments(0) | - | ▲ Page Top ▲ ]
『父子手帖』

ジョン・B・チョッパー
ビジネス社

ウルフルズの「問題のベーシスト」ジョン・B・チョッパーが
雑誌に連載していた、エッセイです。
ウルフルズを脱退していた時期に年上の奥さんと
生まれたばかりの娘と家で過ごす日々を綴っています。
タイトルこそ「父子」となっていますが、自分を見つめ、
奥さんとの関係を見つめていて、「大切な人と生活する」
ということの温かさがじんわりしみこんできました。

[ 随筆 | 2009/01/04/15:06 Sunday | comments(0) | - | ▲ Page Top ▲ ]
| 1PAGE / 1PAGE |
SEARCH (In This Site)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
Profile
OTHERS